ようでんブログ

美幌町のパナソニック電器店|一生涯おつきあいできるかかりつけのでんきやさん「株式会社ようでん」美幌町・大空町・津別町・北見市が主な対応エリアです

*

手書きってイイよね!って感じている人はたぶん9割以上いるけれど。

   


手書きっていいよね!

そう感じたことのある人はたぶん10人中9.8人くらいはいるんじゃないでしょうか。

こんにちは!ニュースレター「たなかしんぶん」制作部の編集長やらせてもらってます、ヨメ忍です!

 

私も私宛のお手紙もらったら超うれしい。隅から隅まで読んじゃいます。
でもそれ、同じ内容がパソコンで打ち出された文字でも同じくうれしい。
わたしだけに宛てられた内容ならどちらもうれしいです。

たまにダイレクトメールのハガキをいただいてそこに手書きで一文添えられている場合。

私の事が書かれていたらもうその店通っちゃうかもしれない。前に行った日のエピソードとかその後の気遣いとか書かれていたらたぶんそのお店のその人の事好きになっちゃうかもしれません。通うと思う。そのお店に。

でも手書きとは言え誰にでも通じる内容の一言だったら別にそれ印刷でもいいかなーなんてことも思ったりします。
これは自分自身にも言えることなんだけど当り障りのないことを書いてしまうことがあります。
特に書くことがない時とか。
そんな時は書かなくてもいいのかな。
それでも「お元気ですか?」みたいな一言が添えられていたらうれしいのかな。
今でもずっと考えていること。

たぶんそれって、その相手との関係性によるのかもしれませんね。

例えば、今まで毎月顔を見せてくれていたお客さんである日からぱったりとお店に来なくなってしまった。どうやら入院しているかもしれないという風の便りもある。心配しつつ時は過ぎこれまた風の便りで退院したらしいとの情報が入った。大きな病ではなかったらしい。それから少し時間を置いて毎月発行しているニュースレターに「●●さん、お元気でしょうか?」と一言書く。
これは、一般的DMにキカイ的に書かれている「お元気ですか」とは全くの別物なのではないでしょうか。

そんなことをランチ後のコーヒーを飲みながら思っていました。

 

そして、ニュースレター製作中ということもあり、フォントについても。

フォントっていろんな種類のものがあります。
その文章で表現できることの奥深さとか幅とか悲しさ、憂いなんかもフォントの違いによって表現できちゃうんじゃないかなって。

そういう意味で言うとフォントってパソコンで打ち出される文字のくせに偉大だなって(笑)手書きでもないのに。

ゴシックと明朝のふたつをとってみても、アメリカと日本くらいの違いがあると思うのです。

たなかしんぶんは「メイリオ」フォント多めでございます

 

あ、話がまたそれましたが手書きだろうとパソコンだろうとそこにどれだけ相手の事を想っているかが乗っかればおのずと相手に気持ちは伝わるのかなって。

手書き風のフォントを選べばいいってわけじゃないぞと笑。
そんなことを思う月末のシノズなのでした。。。

さてーーー。入稿!入稿!!
たなかしんぶん12月号完成しました!

ヨメ
1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で7年目。店舗内で接客を担当。毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。まだまだ一般的にはわかりにくい「まちのでんきや」の仕事内容や、スタッフの様子、家電にまつわる情報提供をブログを通して広めたいという目的で定休日以外は更新に励む。
「ダイエットしなきゃ」が口癖だが飽きっぽい性格ですぐに挫折する日々。最近かなりバレバレの隠れふなっしーファン。

 - ヨメの考え

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です