ようでんブログ

美幌町のパナソニック電器店|一生涯おつきあいできるかかりつけのでんきやさん「株式会社ようでん」美幌町・大空町・津別町・北見市が主な対応エリアです

*

見る人がハッピーになり写真に写っている人もうれしい、そんな投稿を目指したい。

   


ニュースレターが完成しません、ようでんのヨメ忍ですこんばんはー。

そんなことはさておき。

今日のツイートからブログを書くという最近はまっている作戦に出ることにしますね。

あーこの人の投稿ほんとうに良いよなー、って思うのってどんなところに惹かれるのか考えた時、写真の果たす役割が相当大きいことに気がつきました。
もちろん文章のみの投稿でもセンスが光りまくっている人もいます。
写真と一緒に投稿する場合はその写真のクオリティに気を使いたいところ。

でもプロじゃないから素晴らしい写真を撮ればいいってもんでもない。

構図をしっかり考えてピントを合わせてホワイトバランスにも気をつけて・・・そういう意味で「いい写真」というのとはちょっと違う。

いろんなところに気を配っている写真かどうか。

これってSNSに投稿するときにはとっても大事だと思います。
伝えたいモノ意外に邪魔なものが写り込んでいないか。トリミングという機能がせっかくついているのだからそれを使って切り取りすればスッキリと伝えたいモノがはっきりする。
特に自宅で写真を撮る場合などは奥さんの許可なしにリビングやキッチンでの撮影をすると見せたくないものまで写ってしまいそのまま投稿して怒られる、なんてこともあるとかないとか。

モノじゃなくて人物写真のときはさらに気を使いたい。
一緒に写っている人全員の表情はどうか。めをつぶったり半開きになっていたりぶれていたりかわいくなかったり。。。(笑)
せっかくだからベストの写真を投稿したいですもんね。それでいてその場の雰囲気が伝わるような臨場感も欲しいし。
なかなかムズカシイのだ。

でもその辺を気遣ってあげられる人ってそれ以外の事においてもちゃんと目を配れるひとなんだなーって思います。かなりのポイントアップ!
料理の写真ひとつをとっても、せっかくの美味しいものをおいしそうに撮れるかどうかってかなり重要。
見てくれる人においしさを伝えたいっていう気持ちがあるかどうか。写真一枚のもっているチカラを最大限に引き出して一番おいしそうな角度で色味で撮る。背景にも注意する。

 

料理の写真はけっこうそのへんが出やすいのでいろんな人のを見ながら勉強したいところ。
今のスマホはいろんなアプリもあるしもともとついている機能を使って編集するだけでも相当いい写真がとれますもんね。

お料理やカンカンや絵本の写真投稿が超絶ウマい清水社長のTwitterは必見ですよー。

 

だから、写真一枚とはいえ、SNSに投稿する際には最大限の配慮をしていきたい。

見る人がハッピーになり写真に写っている人もうれしい。そんな投稿を目指したいですねー♪

 

連休の営業はこんな感じですー。

 

ヨメ
1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で7年目。店舗内で接客を担当。毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。まだまだ一般的にはわかりにくい「まちのでんきや」の仕事内容や、スタッフの様子、家電にまつわる情報提供をブログを通して広めたいという目的で定休日以外は更新に励む。
「ダイエットしなきゃ」が口癖だが飽きっぽい性格ですぐに挫折する日々。最近かなりバレバレの隠れふなっしーファン。

 - ヨメの考え , ,

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です