ようでんブログ

美幌町のパナソニック電器店|一生涯おつきあいできるかかりつけのでんきやさん「株式会社ようでん」美幌町・大空町・津別町・北見市が主な対応エリアです

*

家電で得られるものは便利さだけではないかもしれない

   


丸の中からこんにちはー

丸の中からこんにちはー

KEISUKEOKUNOYAの赤いエプロンがお気に入りです。

アナタの暮らしを明るく!でんきや忍です。こんにちは。

 

昨日は久しぶりにお客様のおうちにおじゃまさせてもらいました。

出張お料理教室

出張お料理教室

・・・というほどのおおげさなものではありません。ハンドブレンダーの使い方をお伝えしただけです。

社長から相談を受け一緒に訪問しました。だんなさんのお食事に関して試行錯誤中の奥様です。より柔らかいモノ喉ごしのよいものを作りたいのでミキサーをという相談だったようです。一人分をつくるならこちらのハンドブレンダーが良いと判断し、小さな鍋の中で玉ねぎ、じゃがいも、をかくはんして豆乳入りのジャガイモのポタージュを作りました。

じゃがいものポタージュ

じゃがいものポタージュ

旦那様は美味しいと言って食べてくださいました。

 

少量のみじん切り等もできるチョッパーもついています。

少量のみじん切り等もできるチョッパーもついています。

それぞれのご家庭の事情はさまざま。こんなものが作りたいからこういうのが欲しい。そういったご要望に対して家電ができることはたくさんあります。今の日本の製品で出来ないことの方が少ないと思います。

だけどそれを使う人はいろいろ。どんな思いで使うのかも色々。そのまわりの家族の思いもいろいろ。

家電製品はメーカーから発売されて販売店に回ってきてそこから消費者のもとへ届いて、その先はどんな使われ方がされていてそれによってどんな物語になっているのかもさまざまです。

その家電によってなにか問題が解消されればそれに越したことはない。でも、たとえその家電を買ったからと言って最初の問題が解消されなくとも、買ったことによる気持ちの変化というのはあると思います。話が具体的ではなくて全く何言ってるのかわからないと思いますが、「買っただけでも満足」「それを買って何かしてみたという行為だけで満足」そういったことも世の中にはあふれているのではないか、そんな風に思うんです。

何もしなかったという後悔が残るくらいなら、それを買ってみたという事実だけでも欲しい、そんなことってあるはず。

 

そんなことを昨日の訪問でさらに思ったんですね。

 

私の前職は看護師です。緩和ケアチームにいたとき終末期の患者さんを主に担当していました。患者さんだけでなくその家族の方へのケアもとても大事です。残される家族の方が「自分たちにもやれることはやった」という満足感が残るようになるべく一緒にケアに入ってもらったり、それこそ亡くなられた時に家族のみなさんで体を拭いたりシャワーを浴びさせてあげたりお化粧したりそんなこともしていました。それがあるのとないのとでは家族の方達のその後の気持ちがかなり違うんですね。

できることはやった、自分たちも頑張った、という気持ちを持ってもらうことって残されたものにとってはとても大事なんじゃないかと思います。自己満足だろうとなんだろうとそれでもいいって思います。

 

看護師として働いていたときのいろんな感情がよみがえってきた、そんな訪問でした。

(今回の訪問先のお客様ご夫婦はとてもお元気ですので今話した事例とは関係ありません。ご了承くださいませ)

 

 

ヨメ
1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で7年目。店舗内で接客を担当。毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。まだまだ一般的にはわかりにくい「まちのでんきや」の仕事内容や、スタッフの様子、家電にまつわる情報提供をブログを通して広めたいという目的で定休日以外は更新に励む。
「ダイエットしなきゃ」が口癖だが飽きっぽい性格ですぐに挫折する日々。最近かなりバレバレの隠れふなっしーファン。

 - でんきやさんの毎日, ヨメの考え , ,

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です