ようでんブログ

美幌町のパナソニック電器店|一生涯おつきあいできるかかりつけのでんきやさん「株式会社ようでん」美幌町・大空町・津別町・北見市が主な対応エリアです

*

あなたの食生活を明るく照らし助けてくれるかもしれない「ビストロ」という魔法の箱!?

   


レンジで焼きそばを作るだとーーー!?

レンジで焼きそばを作るだとーーー!?

ってな話で今日は行くわけですがまずはご挨拶を。

アナタの暮らしを明るく!でんきや忍です。

この自己紹介は気に入っているんですけどちょっと説明すると、「アナタの暮らしを明るく」するためのお手伝いをするよーっていう意味です。(短パン社長につけてもらったくせにドヤ顔で説明する)暮らしを明るくするってどういうことでしょう。蛍光灯が切れたから取り換えまっせ。っていうことではありません。あたりまえの日常生活をより快適にするお手伝い。不便なところを我慢しながら日々過ぎていくことってありますよね。いちいち立ち止まってるヒマもないし。そんな流れていくような不便ななにか。困っているケド生きてく上でとくに支障はないなにか。そんなあれやこれやを少しでも快適に整えていくお手伝いができたらこんなうれしいことはない。それらを相談してもらえるお店、ヒトになりたい、そんな願いが込められています。(って自分で考えてないのにドヤ顔で(笑))

料理に関してもそう。

わたしはもともとダメ人間で(今も名残アリ)独身時代は食生活が荒野の荒れ地なみに荒れていました。仕事が忙しすぎてそこまで気がまわらなかったし体力も限界で。コンビニがある時代に生まれて良かったと本気で思いました。コンビニは私の食品庫と化し、家のゴミはプラスチックごみだらけ。疲れているから料理を作れず出来合いのモノやお弁当やカップ麺ばかりで栄養摂れず常に疲れやすい体という悪循環。

だから、手作り料理を作れるありがたさが今はとってもわかります。でも作れない人のキモチもいたいほどわかります。

でんきやさんで働くようになってから知った「ビストロ」

2011年7月の35周年創業祭の写真!

2011年7月の35周年創業祭の写真!

ごちゃごちゃしてますがイベントの時に「ビストロ」で実演をしました。鶏肉焼いたり野菜グリルしたりパスタ作ったり好奇心旺盛にあれこれやりました(笑)この翌月から料理教室を開始したんだよなー。

 

なんか今よりh、ほ、ほそい!

なんか今よりほ、ほ、ほそい!

 

でんきやさんで働くようになってからこんなに便利なものがあることを知りまして。レンジはあたためるだけの箱じゃなかったんだ!っていうかなりのカルチャーショックを受けました。それからというもの、毎日のようにレシピ本を見ながらいろんな料理をビストロで作っては「ほんとにできた!!」っていう感動を味わう日々。しかもカンタン。時短。なんなんだー!と(笑)なのでお客さんにもお知らせしたい、お知らせしなくちゃ!という謎の使命感におそわれて料理教室を勢い半分ではじめたのでした。

基本の鶏の照り焼きも焼いたよねー

基本の鶏の照り焼きも焼いたよねー

ビストロは今年10周年です

Panasonicから発売されている「ビストロ」シリーズは発売から今年で10周年だそうです。その間毎年進化を遂げ、少しずつ改良されていきました。そして最新作のモデルは私がさんざん書いてきた「天井ヒーター部分のお手入れ方法」さえ不要のフラット天井タイプ。こりゃあラクだよー。天井部分の凹凸がなくなったからぜーんぶさーっと拭けばOKだもんねー。それ以外の進化も凄いんだけど(笑)

10年間見続けてきたわけじゃないけどビストロが大好きで、全ての家電の中でひとつ好きなモノあげるとしたらと聞かれれば迷うことなく「ビストロ!」と答えます。

 

それはきっと料理ができる人もできないくらい忙しい人の食生活もどちらも助けてくれるから。

あなたの食生活を明るく照らすお手伝いができるビストロという魔法の箱

料理教室ではビストロで作る物ばかりを紹介していません。むしろ最近はビストロの説明がほとんど減っています。でも要所要所で働いてもらってる。

野菜を茹でてもらったり、○○Wで何分という加熱も完璧だったり、ゆで卵を勝手に作っててもらったり。。。

食生活が大事だなということにでんきやさんに来てから改めて気がついた私は独身時代の反省を生かしなるべく手作りするようになりました。でもずぼらな性格上今でもときどきコンビニやスーパーにはお世話になります。ヨガの日は遅くなるのでコンビニに寄ってから帰ったり(笑)カップめんも食べます。たまに食べると美味しくて(笑)

でも基本の食生活は手作りする。がちがちの縛りはないけどなるべくそうするように、っていう程度です。共働きの30~40代の世代のお母さんたちはほんとうに毎日疲れているのにお弁当作ったり急いで帰ってから夕食を作って食べさせたりタイヘンだと思います。

そんな生活の中に「ビストロ」がお手伝いできることがかなりあるなっていう思いでいまチラシを作っています。どんなふうに完成するかわかりませんが力になれるといいなと。

 

で。冒頭の焼きそばの話なんですけど(え?長すぎて忘れましたって?)

 

これですこれです

これですこれです

ビストロのグリル皿で焼きそばが作れるんですね。肉→野菜→麺って重ねてレンジに入れて「焼きそば」っていうコースのボタンをポンって押したらあとはおまかせ。スチームもモクモク使って蒸しあげながら完成となります。この時の記事でも詳しく書いてます

すごいよね

すごいよね

だからほんとうに忙しくて時間がない時。他の事に手が取られていて料理ができない時。この機能を使えば簡単に一品できちゃう。そんな魔法の箱です、ビストロって。

 

そんなわけで、私もちょくちょく使ってました、焼きそばコース。忙しい時にね。

 

でも、今日はこの作り方で焼きそば作りました。

 

IHで。普通に作った。

IHで。普通に作った。

忙しくなかったし時間があったから普通にフライパンで作ったよね。

焼きそばってこうやって作る方が美味しいよね。

 

えーーーーーーーーーー!!!!!

 

今までの壮大な話はなんだったのーーーーーーーーー!!!!!

 

誤解のないように言っておくと、ビストロで焼きそばも美味しいです。油使わないのでヘルシー。でも焼きそばは「焼き」そばなので焼くとさらに美味しいよっていうはなしでした。え??

 

ビストロはえらいねー。

これはフライパンで作ったけど(笑)

これはフライパンで作ったけど(笑)

 

ヨメ
1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で7年目。店舗内で接客を担当。毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。まだまだ一般的にはわかりにくい「まちのでんきや」の仕事内容や、スタッフの様子、家電にまつわる情報提供をブログを通して広めたいという目的で定休日以外は更新に励む。
「ダイエットしなきゃ」が口癖だが飽きっぽい性格ですぐに挫折する日々。最近かなりバレバレの隠れふなっしーファン。

 - ビストロ, ビストロレシピ, ヨメの考え, 調理家電 , , , , , , ,

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です